無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

四つ子の正体
「どこいるか分からないから、手分けをして、
探しにいこう!」
四人は口を揃えて言った
カルテ
マスター。ワタシもお手伝いします
愛香
ありがとうなの!
じゃあ、カルテちゃんは・・・
ピンポーン♪

また、インターホンが鳴る。
育人
だれかな?
ちょっと出てくるよ。
トテトテトテっと、走って出ていった。
育人
海ちゃーん!
お届けものだよー!
海人
お、育!
ありがとう。
なになに?と、私も含め、5人+ロボットは
荷物を覗き込む。
てるてる
威風海人。
ん?何か思い出したの?
みたいな顔をして、四つ子はこっちを見た。
特に気にはしてなかったけど、よく見たら
四つ子は私と同じくらいの年だ。
てるてる
私の学校の同級生だ。
威風4兄弟。
私が通ってる学校は1学年4クラスあるのだが、
どのクラスにも威風の名前は一人ずつある。
だが、誰も学校には来ないことで少し有名だ。
愛香
やったね!゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
一歩前進だね!
花香
ちなみに、愛ちゃん。
てるてるちゃんと同じクラスよ。
少し間が空く。
そう言えば、いた気がする。
海人
思い出したんだったら、連れて言った方がいい。
面倒は俺がみるよ。
花香さんと育人さん
愛香さんとカルテさん
海人さんと私
この3組で歌卯さんを探す事になった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
きゆさんです(。・ω・)ゞ
今回は投稿ペースが恐ろしく早い
きゆさんです(*・ω・*)
四つ子の誕生日、血液型、一人称や二人称、
三人称などは、きまってますが年齢だけは
決まってません。
これは、私の勝手で決めて無いのですが、時が来れば話す予定です。
今回はこれで。
ありがとうございました(´・ω・)(´_ _)♪