無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第30話

夢売り屋さんは、テスト期間
前回のあらすじ

進展なし。
前期中間試験期間1週間前
愛香
海くん!ヘルプ!!歴史が、前世で見てきた世界と、真逆のこと書いてる!
海人
愛ちゃん。頑張って覚えて……( ノД`)…
テストまで、あと4日
育人
花ちゃん。科学教えてください。
花香
育ちゃん、この間教えたところ?
育人
範囲、広がったから。
花香
あー 了解。
ミラー
ミラーも、勉強する!!
カルテ
ミラー様は、夢の中の出来事をもう少し詳しく思い出して下さい。
ミラー
やだ!無理!(ヾノ・∀・`)
海人
ミラーちゃん、わがまま言わないで。
ミラー
わがままじゃないもん!
ところで、みんなの得意科目と苦手科目は?
先生
唐突の質問((・ω・`;))
空気になっていた先生。
同じ部屋に居たよ。
育人
僕は、生物以外の理解全般と数学が苦手。
得意なのは、英語と現代文。
ミラー
現代文?
先生
国語ですね。
( ・д・)ソウナンダーと、みらは言った。
花香
あたしは、反対。理系は得意だけど、国語は苦手ね。英語はそこそこ。
愛香
私は、以外にも数学が得意だよ!
苦手な科目は、歴史系かな?
海人
得意……何だろう?
苦手なのは、道徳とかかな?
以外な教科を出して今回はここで終焉