無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

シルクがいない。
481
2017/10/12 12:05
ある日、シルクとあなたは日直だった。
あなた

(シルク来ないな~
部活で遅れんのかな……)

先生
具合悪い人いるかー
先生
シルクは休みと…((小声
あなたは先生の言った言葉を逃さなかった。





シルクは休み。
あなた

(シルクいないとつまんないな)

さらに次の日
先生
具合悪い人いるか~
先生
シルクは休みと((小声
あなた

(また……?)

あるの日の帰りだった。
もうシルクが来なくなって一ヶ月が経とうとしていた。
あなたは次の日から学校に行かないと決めた。