無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

430
2018/10/30

第122話

関ジュ
軽部『なにわ男子 大倉・横山・あなたが応援』


軽部『関西ジャニーズJr.のコンサートで新ユニット〝なにわ男子〟がお披露目されました。』



なにわ男子『♪僕らなにわの希望 Lucky Boy!!夢の舞台 合言葉はいつでもWin Win』



軽部『大阪の梅田芸術劇場で20公演を行われますが延べ3万8000席に対して申し込み数は……?』

_______________
記者『なんと』


西畑『はい』


記者『70万』


関ジュ『ええええ〜〜!すごーい!』


横山『さっき聞いてたやん』


関ジュ『いやいやいや』
_______________

軽部『今回のコンサート 関ジャニ∞の大倉忠義さんと横山裕さん、そしてあなたさんが構成・演出に参加』

_______________
西畑『ゲネ(リハーサル)こうやって皆さんに1回見ていただけてちょっと何か自分の中でホッとしてて、これをもっと良くして初日を迎えたいな、と思ってます。』


記者『実感してるんじゃないですか?人気が来てるな、って』


関ジュ『……いやいやいやいやいや』


横山『実感してるな』


横山『大倉とあなたがやっぱリハとか見てるときちっちゃい子見てニヤけてるんすよ。だから父性と母性がで出してんのかなってゆーか、、、』


会場『笑笑』


『しょうがないやん、可愛いねんもん。ちっちゃい子ぉわ(強調)』


室『そんな強調して言わんでもええやん!』


『してないで。気のせーや、気のせー』


大倉『みんな、かわッ かわいくはないか!』
_______________

軽部『大阪らしさ全開の会見に。大倉さんがちょっと真面目な話をすると、』

_______________
篤志『大倉やるやん』


会場『笑笑』


関ジュ『ははははは! おっ!おっ!』


大倉『カワイイな〜お前!!』


『あつ、こっちおいで?』


篤志『?』(トコトコ(((((*´・ω・)


\( *)´・\)ギュッ♪


丈『ずるいぞ!篤志、!』


ジーコ『あなた、俺にはしてくれへんの?』


『何でジーコにせなアカンねん!』


ジーコ『後輩やん!篤志と同じやで?!』


『ちゃう!ちっちゃい子しかせーへんもん!』


ジーコ『なんでやねん!』


会場『爆笑』