無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

翌年 〜NEXT YEAR〜
それから翌年も同じクラスで、


毎日女子からいいないいな言われて女子にはそんなことないって言ったけどさ、



ホントは理性が飛んでいくほど嬉しかったんだよ?



君は知ってたのかな・・・?



いつも一緒にいてくれてありがとう。



君に伝えたかった。