無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第7話

あとがき 〜EPILOG〜
作者の蒼月です。

短編小説(超短編小説)お届けものです。

少しは楽しんで頂けましたか?

初めは短編小説書きたいと思い書き始めるととてつもなく短い一瞬で読み終わってしまう作品となってしまいました。

私が今連載しているもう一つの作品はとてつもなく長くなりそうで、まだ10話突入したばかりなのに書くのが辛くなり、こちらをかかけて頂きました。

これからも短編小説少しずつ、もう一つのが詰まった時にかければなと思います。

たったの数話でしたが、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いしますm(*_ _)m