無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,789
2017/10/29

第4話

藍沢先生の恋
新海とエレベーターに乗っていると白石が乗ってきた。
なぜか新海の顔が明るくなった。
無性に腹が立つ。
新海
どうですか、藍沢。救命で迷惑かけてませんか
白石
口が悪くて困ってますけど、それは昔からなので
新海
なんか2人、よく知った仲って感じですね
白石
付き合いが長いだけです
エレベーターが止まり、新海だけが歩き出す。
降り際に白石の方を振り返った。
新海
白石先生、今度食事でもどうですか?
白石
え?
新海
藍沢の愚痴、聞きますよ
ドアが閉まり白石は俺に尋ねてきた。
白石
今の、どういうことかなぁ
藍沢
そのままだろ。誘ってるんだ
白石が鈍感で少し良かった。
白石
……
新海、許さん!
俺の白石に手を出すな💢
まぁ、俺の物でもないが……
藍沢
急がなければ……
白石
えっ?
藍沢
いや、何でもない
危ないところだった