無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,496
2018/01/03

第6話

藍沢先生の恋
藤川
はるか……
藍沢
肺水腫は軽度だが、脳実質の腫れが強い
藤川
植物状態になる可能性もあるってことだろ?
藍沢
……
藤川
何でだろうな?今日に限ってぜんぶ青だった
藍沢
藤川
信号。俺たちにはその時間しかないんだよ。
だから今日、子供のことを考えてヘリから降りてくれって話そうと思ってた。
なのに今日に限って、スイスイ行けちゃう……
藍沢
……
それから2日後、冴島の意識が戻った。
後遺症もなく、藤川も涙を流して喜んでいる。
夫婦はこういうものなのか?
オレも結婚していれば、今頃は幸せに笑えていたのだろうか。葵には話せない、本当のことを。
でも、きちんと血のつながった父子(おやこ)だから問題はないだろう……
藍沢
いつかは、か……
白石
……
ICUで藤川と冴島を微笑ましく見守っていた白石は、藍沢を意味ありげに見つめた。