無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
4,343
2018/01/03

第7話

藍沢先生の恋
藍沢がドクターヘリの前で缶コーヒーを飲んでいると、葵が声をかけてきた。
自分の母親のことを聞きたいらしい。
もうそのときが来てしまったのか……。話すしかないなぁ
藍沢
葵の母親は俺に惚れた大学の先輩だった
まずい、白石が来てしまった!
え、医者だったの?
藍沢
……あぁ
藍沢
勝手に俺の家に入り乱ってアイツは妊娠した。もちろん葵だ。はじめは夏蓮に恋愛感情なんてなかった
夏蓮?
藍沢
葵の母親の名前だ
ふーん
藍沢
だけど俺は知らない間にアイツを好きになっていた。でもある日、アイツは音沙汰もなく消えた
……
藍沢
夏蓮と再開したのは半年後だった。
アイツは新しい男をつくってたんだ。そして、生まれて間もない葵を俺に捨てていったんだ
その夏蓮さんは今、どこに?
藍沢
……葵を置いていって、一ヶ月後に死んだんだ
……えっ
藍沢
飛行機の墜落事故に遭ってな
白石、頼むから、あっちへ行ってくれ……
藍沢
だから俺はフライトドクターになった。葵を捨てたことは許せなかった。だけど、俺はやっぱり夏蓮のことが好きだったんだ
……
葵は即座に走って行った。
夕陽の光を浴びたドクターヘリを藍沢が意味ありげに眺めている。
白石はそんな藍沢を複雑な表情で見守るしかない。