無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

美少女かまちょ説
美少女
ねえええ!
たいへんなのおおおおお!
you
なんすか。朝から
美少女
朝、鏡で自分の顔見てたら、
見とれちゃって寝坊した
てへぺろ
you
へ、怒られればいいんじゃないっすか
美少女
まあ、先生くらいだったら上目遣いで、
遅刻という事実を抹消できるけど♡
you
先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな先生騙されんな。
美少女
あーあー、あたちにつりあう美男子いないかしらあああ
you
、、こんな奴の面倒見れるやつって、、、、
美少女
でも、私が彼女だと、相手の方が緊張してしまうかしらああああ!
美少女
なんたって美少女ですもん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
美少女
ね、ねえ!?
無視ですか、私は
を無視するなんて、、、、、
一生後悔しても知りませんからっ
美少女
そ、そろそろ返事したら?
美少女
別に待ってるわけじゃないけど、
美少女
い、生きてますかー
私はその、心配して差し上げてるの!
you
あー!うるせえ
お前、友達いねえんだな。
                                                     美少女からの返信が途絶えました