無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

美少女の一日
美少女
朝7時 起床
美少女
私は美しいので化粧などは必要ないので、
朝食の、ハニートーストをいただき、
歯を磨き、顔を洗い 、
制服に着替え、鏡の前で容姿チェック。
美少女
はあ、今日も可愛い。
you
え、今何を聞かされてんの?
美少女
そして学校に登校し、庶民の皆さんに
私のありがたい挨拶をしてさしあげて
美少女
つ、机さんと、一緒に
本を読み、先生の到着を待つのです。
you
ああ、そーいえば、友達いないんだっけ
プップップ
美少女
そして、授業に真剣に取り組み、
お昼休み、、
お手洗いの方で食べるお弁当も、たくさんの方の裏の話が聞こえてきたりして
いいものなんですのっ、
ですが、今日は、、屋上でっ、
you
屋上立ち入り禁止ですよ。
美少女
お手洗いに行ってきますわ
you
心情お察しします。
美少女
午後の授業も真剣に取り組み、
you
ここからが本番、学生といったら、放課後わちゃわちゃ
美少女
家にまっしぐら。
you
、、、、、誘われねえんだ。
美少女
家に帰ったら、まず、バスルームで、身を清め 
夕飯のすてぇぇぇぇきをいただきます。
you
寂しいんだな
美少女
そうして、明日の準備を済ませ、
8時には就寝
you
はやっ
you
メールの確認とか?
美少女
メ、メールの、類は、
トラブルが多いと聞きましたので、
やっていません。
トラブルが多いので。
you
へぇ
美少女
美少女の一日。
あなたも参考にしたら、
私の100億分の1くらいにはなれるかもしれませんよ。
you
友達ができないのは
君のそうゆうとこだと思う