無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

美少女は流行に乗りたいお年頃
美少女
どぉぉも!
美少女でぇぇぇぇす!
you
うわあ、なんだろ、回を追うごとに、キャラが濃くなっている事について。
美少女
何をおっしゃっているのかわかりませぇぇぇぇぇん
you
なんすか、今日さらにうざい
美少女
うざいって褒め言葉?
海のように、座椅子のように安心感があるいい女?
you
、、、、普通の会話をできるような友達がいないから
現代の言葉について、何にも知らんのな
美少女
ちょっと何言ってるかわかんないでぇぇぇす!
美少女
卍卍卍卍卍卍卍卍
you
、、、、
実はひっそり勉強してたりしてww
美少女
、、、、、、、、、、
あ!そうだ、心の汚いあなたに、
私の綺麗さで、、お・も・て・な・し、おもてなし♡
you
、、、なんだろうなー古いっていうか、
なんつーか、
美少女
あ!あ!菓子乗っ取りゲームしましょうよ!
美少女
お菓子を用意したまえ
you
ストーップ
you
多分、いや、絶対、間違っているぞ。
美少女
はあ?
you
『歌詞乗っ取りゲーム』だ。
ルールはだな、、かくかくしかじか、、
美少女
、、、もちろん知ってましたけどねwwwwwwwww
美少女
じゃ、じゃあ、行きますよ?
わたっしは、びっしょうじょお!
you
あの、さーせん、自分の作った歌なしで
美少女
あ、あるもん、
数年後、CDデビューだもん!
you
、、、、
美少女
まあ、やっぱり、ここだと、私の美声を聞けないから、
かわいそうね、今度会った時にやりましょう。
you
、、、ってか、ずっと、まあ、そこそこ話してきたけど

あんた誰?