無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

美少女は流行りに乗りたいお年頃 ❷
美少女
暇ですわ
美少女
ひま
美少女
そんなんだからモテないんですよ
you
お前にだけは言われたくない。
美少女
あ、返事したあ
you
やべ、
美少女
ゲームしましょう。
今巷で流行っている、、、
美少女
10回ゲーム!
you
ああ、
美少女
ええ!?
しってるのお?
you
常識。
美少女
つまんない。
you
あ?
美少女
じゃあ、やりましょーう!
美少女
でもこれ、実際にそこの現場にいないと楽しめないわよね、、
you
??
美少女
ま、いっか、妄想で
美少女
じゃあ、私のクシは今何階にあるでしょーう!
you
、、は?
美少女
だから、家(10階)の中で、相手があるものを隠した階を探すんでしょう?
かくれんぼの物versionてきな。
you
、、、。おまえさ、ちゃんと調べてから遊ぼって誘えよ。
ってか、それ家が10階ある人しかできねーだろ。
美少女
確かに、、。
忘れていましたわ。
みなさま、私達とは違って平民ですものね
you
おまえそろそろ怒られるぞ。
美少女
ういっす。