無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

その頃のWESTハウス...。
__________________
濵ちゃん
濵ちゃん
...
しげちゃん
しげちゃん
あなた行っちゃったな
照史
照史
あなた居ないとつまらんねん...
のんちゃん
のんちゃん
なー、
流星
流星
...
濵ちゃん
濵ちゃん
なあ流星、
濵ちゃん
濵ちゃん
あんなこと言ってすまんかったなあ
流星
流星
別に
のんちゃん
のんちゃん
流星さぁ、あなたにもその態度は無いんじゃね?
流星
流星
別にあなた笑ってたし
のんちゃん
のんちゃん
は?あんなのがホントの笑顔だと思うのか?
流星
流星
は?
のんちゃん
のんちゃん
それに、あなたを手放すようだったら簡単に他の奴らに取られるぞ。
流星
流星
別に山原なら平気だろ。
淳太
淳太
違うぞ
流星
流星
は?
淳太
淳太
山原の友達も居る。
淳太
淳太
だからあなたは男2人と生活してくってこと
神ちゃん
神ちゃん
しかももう1人の方、めっちゃチャラ男だって有名だし
流星
流星
嘘や...
濵ちゃん
濵ちゃん
後悔するなら先に止めとけばよかったな流星。
俺は、なんてことをしたんだ
あなたの大切さに今気づくとか
遅すぎだろ、
彼氏失格だな。
ごめんあなた
俺、あなたのこと守れんかったな