無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

悩める夜。
_______自分の部屋_______
...嘘...ついちゃった...
みんなに嘘...、、
最低だ...、、
大好きなみんなに......、、
ぅぅ...
でも自分の為だし...
決めちゃったことは、、しょうがないし...
でもメンバーにどう隠そう...、
プルルルルルルルルル...
あ、山原さん...
あなた

📞はい、もしもし、、

山原さん
📞あなたさん、大丈夫ですか?
あなた

📞...大丈夫です...、、

山原さん
📞アメリカ...決めたんですね、
あなた

📞...はい。

山原さん
📞頑張ってください。2年間私がWESTの事は見てますので。
あなた

📞...ありがとう...ご、ざいます...っ、

やばい...泣きそう...、
山原さん
📞無理しなくてもいいんですよ、今から取り止めでも...
あなた

📞...WESTのみんなと離れたくないですっ...

山原さん
📞...じゃあ取り止...
あなた

📞でも...自分で決めたことなので、...頑張りたいんです...

山原さん
📞...それなら応援しますよ、出発日...いつがいいですか?
これ以上WESTのみんなの顔みてるの辛い...
あなた

📞なるべく早めに行きたいです...。

山原さん
📞...それでしたら3日後で大丈夫ですかね?
あなた

📞3日後...はい、分かりました。

山原さん
📞では、飛行機のチケットは輸送しておきますね。
あなた

📞はい。ありがとうございます。

山原さん
📞いえ、では。
...
3日後...、、
...、泣いちゃダメだ...
せっかくのチャンスなんだから...
それに、私はWESTにとって...邪魔な存在だって...
私がいると、彼女だって思われちゃうし、
...みんなは私がいなくても活躍できる。
...うん。よし、