プリ小説

第7話

青色のシャーペン
な、なんか、久しぶりで緊張するな、
放課後、私はあの教室へ、向かっていた
先生が来なくなってからも何度か足を運んだが、
今日は違う、先生がくるのだ、、、
緊張する、、、、
こ、こういう時こそ!
🐥先生の顔を見て、再確認しよう。
【私が好きなのは🐥先生】
【☃️先生が好きなのは彼女さん】
よおっし!
ハル
失礼します!
🐥先生おねがいしまs、、、
ちょt、ちょっと待て、ハル、、
私は、🐥先生にあって何をいうんだ?
「私が好きなのは🐥先生です!いってきます!」
/////、、
って、言えるか、
問題集系も持ってないし、、、
🐥先生
🐥先生
おーハルじゃーん!
ハル
あ、あ、せんせい!
動揺が隠せん。
🐥先生
🐥先生
なしたー?
ハル
あ、えっと、会いたくなって!
🐥先生
🐥先生
、、、
って、おーい!
これじゃ、好きって言ってるようなもんやないかい!!
やっちまったああああああ
待て待て、まだ間に合う、まだ間に合う。
ハル
っていうのは嘘で、ありまして、
ハル
いやー、最近話してないなーと思って、、?
探りを入れつつ、
単語を、、、くっつけて、、いく、、
🐥先生
🐥先生
構いに来てくれたの?
あの日のことを思い出し、顔が、、、燃えるくらい熱くなる
まあ、でもこの際、理由なんてどーでもいい!
ハル
ああ、まあ、はい!、
🐥先生
🐥先生
おお!じゃあ話そうよ!
前は振っちゃったからさ!
構い倒して笑笑
ハル
あ、でも、顔見たくなっただけで、、
っていうか、よ、用事があって、、
か、構いたいのはやまやまなんですが、、
🐥先生
🐥先生
ええええ!
まーさーかー、☃️先生だったり?笑
とふざけていう。
私は今日ほど嘘を練習しておけばよかったと思った日はない。
ハル
え、えっと、、
🐥先生
🐥先生
え、図、図星か、
そっかー、先生悲しいなー笑
ハル
ち、ちがいます!ちょっと、委員会で、、
言い終わる前に🐥先生が、
🐥先生
🐥先生
じゃあ、お守りとして、ハル殿にこれを授けよーではないか!
先生が差し出して来たのは、、
ハル
シャーペン?
🐥先生
🐥先生
振ったお詫び? 
なんか、ハル最近元気ないし、
それ、俺の愛用だから、大事に使ってね♡
ハル
えええええ、そ、そんな、よろしいんですか、
いただきますうへへ。ウヘヘ
🐥先生
🐥先生
心の声が漏れてるぞハル笑笑
じゃあ、行ってきな!行ってらっしゃい!
ハル
行って来ます!
何これ、新婚さんやないかい。
私はシャーペンを握りしめ教室へ向かった。
ガラガラッ
ハル
す、すいません。来ていたんですね。
☃️先生
☃️先生
あ、いえ、大丈夫ですよ!
い、今きました!
嘘つけ、随分と寒そうじゃないですか。
ハル
そ、そうですか、
・・・・・沈黙、、、
🐥先生のシャーペンを握りしめる。
☃️先生
☃️先生
青色のシャーペンなんて持っていましたっけ?
ハル
あ、えっと、これは、、、
頂き物です!
せ、先生、こういう時だけ鋭いんだから、、
ハル
きょ、今日はすごくよかったですね!
数学!、
女の子達なんて、きゃーきゃー言っちゃって。
☃️先生
☃️先生
あ、本当に、ありがとうございました。
☃️先生
☃️先生
全部ハル先生のおかげですよ〜!
と言って
ニコッと笑う。ずるい。
って、、違う違う、
🐥先生
🐥先生
と心の中で呪文を唱えながら、シャーペンを握りしめた。
☃️先生
☃️先生
そのシャーペンお気に入りなんですね笑
ハル
え、あ、はい!
ハル
って、ていうか、なんですか、言いたいこと?
えっと、呼び出した理由?
えっと、
☃️先生
☃️先生
あ、あの、また、講習会やっていただけないでしょうか。
前回は僕が本当に子供で、意地を張ってしまいました。
でも、僕には、まだ、ハル先生が必要なんです。
☃️先生
☃️先生
だめ、、ですか?
////こんな風に言われて
ダメと言える奴がいるなら私は是非ともお友達になりたいものだ。
私は、恥ずかしくて、
頷くことしかできなかったわけで、
さって!月曜から、また先生の相手してあげますか
そして、久しぶりの雑談コーナーで、放課後を使い果たし、
帰ったら、お母さんに怒られたというのは秘密。
ハル
かーえろ帰ろ
先生と別れたあと、、
🐥先生
🐥先生
ハル、、?
🐥先生
🐥先生
委員会って時間じゃ、、
今現在のハルの好感度

🐥先生 98%

☃️先生 57%

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ナマケモノ
ナマケモノ
下手くそです。 って言われるとちょっと読んで見たくなりませんか?← 長くて全部読むのかったるいなーというあなた!1話だけで良いので呼んでくれると嬉しいです! コメントくれたら、多分、いや、確実に発狂します。 絵は描けません。基本不器用です。 作品を書く度に、フリー画像を探す方に一生懸命になってます。 顎友☞ペコ(顎と頭部に恐ろしい執着をお持ちの方) 私は顎とは何も関係ありませんのでご安心下さい お友達が「ナモ」という素敵な名前をつけてくれたので お気軽にナモと呼んでやってください