無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

弱いところ
アナウンス
さぁ、さぁ、あと半周です。
今のところとてもいい勝負です、
しかしっ、おおっと!☃️先生の方がすこし有利かっ!?
ハル
頑張れっっっ。
サキ
どっち?
サキがニヤニヤしながら聞いてくる。
ちくしょう、こいつうう!
ハル
え、ど、どっちも、
サキ
ふぅーん
アナウンス
おおお、🐥先生が抜かしている。抜かしている。
☃️先生頑張れええええええ
勝負は、あっという間だった。
ハル
先生。お疲れ様でした。
🐥先生
🐥先生
おおお!ハル〜
約束どうり勝ってきたよん
ハル
、、はいはい。
しますよ。仲直り。
🐥先生
🐥先生
と?
ハル
はあ?
🐥先生
🐥先生
仲直りと?
ハル
っ。
🐥先生
🐥先生
自分の気持ちちゃんと伝えてきなさいっ。
ハル
、、、
🐥先生
🐥先生
そのあとで、俺の方にも返事して?



ハル
自分のきもちかあ、、
☃️先生のところへ向かう。
ん?なんかざわざわしてんな
???
好きです。
ずっと、ずっと、
サキに好きな人がいるのもしってる。
でも、俺が、忘れさせるから。
ハル
え?
、、あれは、、、。ソラ君!?
と、サキと、、なんか、いっぱい人がいて囲まれている、、
ソラ
ソラ
サキ!好きだ。
え、、ミナトは?
ミナト
ミナト
あーあ、先こされちった。
ハル
っミナト!
ミナトは、私の隣にいた。
ハル
ちょ、こんなとこで何してんの。
今からでも、あんたも、言ってきなさいよ、
ほらよくある、「ちょっとまったあああ」って、
ミナト
ミナト
ばーか、俺にはそんな資格ねえんだよ
ハル
え?
でも、サキもミナトのこと好きなんだよね。
ど、どうなるんだよ、、
ソラ
ソラ
サキ!好き!付き合って。
ソラ君すごいな。。
サキ
、、うん。いいよ。よろしくお願いします。
え??
んえ。。?
怖くてミナトの方を見れない。
ミナト
ミナト
、、俺ってバカじゃね?www。
顔を見なくても声でわかる。
泣きそうだ。こんなミナト。見たことない。
ハル
ミナト?
ギュッ
ハル
っえ?
ミナト
ミナト
ごめん、いま、顔見られたくないから。
ヨシヨシなでなで
ミナト
ミナト
っ!調子乗んな!ぶす!
よちよち頑張ったね
どれくらい時が経ったのだろうか、
ちょっとした後に、私とミナトの前に
ソラ君とサキが現れて、
ミナトは笑ってた。
ミナト
ミナト
あ!てか、お前、用事あったんだろ、
行ってこいよ。
ミナト
ミナト
振られたら、振られたもん同士、パーティしようぜww
ハル
うっせ!
、、行ってくる。
私の気持ち。決まった。
ちゃんと伝えなきゃ。
いま現在のハルの好感度

🐥先生 ??%

☃️先生 ??%

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ナマケモノ
ナマケモノ
下手くそです。 って言われるとちょっと読んで見たくなりませんか?← 長くて全部読むのかったるいなーというあなた!1話だけで良いので呼んでくれると嬉しいです! コメントくれたら、多分、いや、確実に発狂します。 絵は描けません。基本不器用です。 作品を書く度に、フリー画像を探す方に一生懸命になってます。 顎友☞ペコ(顎と頭部に恐ろしい執着をお持ちの方) 私は顎とは何も関係ありませんのでご安心下さい お友達が「ナモ」という素敵な名前をつけてくれたので お気軽にナモと呼んでやってください
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る