プリ小説

第23話

クリスマスが来ると。
2016年 4月15日

山田side

一昨日から、抗がん剤の治療を始めた。
3ヶ月も、やると言ったりやらないと言ったり…先生や知念に迷惑をかけてしまった。

けれど、もう決めたんだ。
絶対に抗がん剤治療をやり切って、残り1年なんて言われなかったことにするって。

そして始まった抗がん剤治療。
初めは少しの量から。
ちょっと気持ち悪さを感じるくらいだった。

けれど、今日の夕方からはずっと抗がん剤を打つことになる。
耐えなくちゃとは分かっているけど、1人では怖くてたまらない。

でも、知念は明日の朝から仕事がある。
甘えたいなんて言っちゃダメだなぁ。

そんなことを思っているうちに、先生がやって来た。

先「そろそろ…始めましょうか」

「はい。お願いします…。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍓いちごみるく🍼
🍓いちごみるく🍼
おーぷん🌷*゚ 🍓やまだ担 💗とびっこ歴7年 🍊FC会員 ⭐️アリツア 11.11参戦 たくさんお気に入り、ハートいただけると嬉しいです✨ お気に入り外されると悲しみます… 図々しい奴ですみません🙇 ここまで読んでいただいて感謝です🌷*゚