無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

入学式
42
2017/10/17 01:46
4月。入学式。
生徒会が初めて動く日。
悠貴
初めての行事で緊張するかもしれないけど、俺らは俺ららしく頑張ろう!
全員
はい!
入学式。
進行を務める先生の合図で式は始まった。
A組からH組までの8クラスが入場した。
学園長の挨拶が終わり、生徒会長挨拶。
悠貴
皆さん、この度はご入学おめでとうございます。
私は生徒会長の黒田悠貴と言います。
これから、新しい生活を、始める皆さんに、少しでもより良い学校生活を、送って頂けるよう、様々な企画を用意させていただきました。
これから、たくさんの企画を皆さんと盛り上げられたら嬉しく思います。
これから、よろしくお願いします。
一年生の時から、練習してきたかいがあり、上手く話せていた。
真依
お疲れ様。
悠貴
ありがとう。
いつも通りやったけど、やっぱり人前は緊張するな。
真依
そりゃそうだよ。
人前は緊張するものだよ。
悠貴
まぁな。
挨拶が終わり、全クラスで240名の名前を呼ばれ始めた。
あなた

今年も多いいですね

爽良
そうだね。
まぁ、それはそれで学校側からしたらいいんだろうな。
あなた

まぁね…
でも、こっちの事も考えてほしいよね…

爽良
そうだな…
管理、俺らだからな…
悠貴
生徒会室戻ろうか。
あなた

はい

仕事を終わらせ、全員生徒会室に戻った