無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

てくてく。
アイボリッシュを出てふらふら色んなお店見て回って気づいたら17時。
待ち合わせの場所まで2人でてくてく。

あなた

暗くなるの早くなったね

大輝
大輝
あー、確かに。もう秋だからね
あなた

今年は雪降るの早いかな?

大輝
大輝
どうだろ?案外早いかもねー
北海道でまたイベントしたいなー
あなた

そしたらそのタイミングで私も地元帰ろうかな

大輝
大輝
お互い地元近いしね(笑)
あなた

ね!(笑)
まさか大輝が小樽出身とは(笑)

大輝
大輝
小樽そんな好きって訳じゃないけどねー。でも何か帰ると落ち着く。
あなた

わかる。地元ってそんな感じだよね

大輝
大輝
まだ時間あるけど、どうする?
服とか見てく?
あなた

うん!

大輝
大輝
じゃあさ、オンフ寄っていい?
あなた

あ!いいよ!私も行きたい!
ヒデさんに会えるー✨

大輝
大輝
ヒデさんも喜ぶよ(笑)
大輝
大輝
こんばんはー!よ!久しぶりー!
ヒデさん「お!大輝!久しぶりー!あなたさんも!服見に来たの?」
大輝
大輝
うん!これからメンバーと焼肉行くんだけど、時間あったからきてみた!新作ある?
ヒデさん「あるよ!丁度さっききたところ」
あなた

えー!可愛い!

大輝
大輝
あー、いいね!シンプルだし、秋っぽい
あなた

生地結構あったかい☺️

大輝
大輝
ほんとだ!買う?
あなた

うん、買おうかなー、

大輝
大輝
わかった。ヒデさんこれ2つで
あなた

え!え?!良いの?

大輝
大輝
うん、LIVEで全然構えなかったし今日は特別
あなた

ありがとう!!

大輝
大輝
ん、じゃあヒデさんまたくるね!
ヒデさん「はーい!ありがとうございました✨またね!」