無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

何、この人。
あなた「Da-iCEって結構いい曲沢山あるんだ」

高校を卒業し、エステの会社に就職した私はDa-iCEに夢中になってた。今思うとこの時から音楽の道に進みたかったんだなと思った。

最初は花村君が好きだった。まぁ推しメンってやつね(笑)

連休で暇になったある日Da-iCEの動画を見まくってた。

あなた「この人、独特なダンスの仕方だなー」

正直今までダンスに惹かれた事は1ミリもなかった。

何故か大輝君には不思議なパワーがあって気づいたら大輝君の事ばかり気になってた。

もしかしたらこの人と今後何かあるかも·····。

絶対ありえないけど、直感でそう思った。
そんなある日、同じAAA好きの友達の琴葉にDa-iCEのイベントに誘われた。

あなた「リリイベ?」

琴葉「そう!一緒に行こうよ!」

あなた「いいね!行きたい!」

琴葉「やった!楽しみ!大輝めんに会えるよ!」

あなた「···うん!」










イベント当日












〜パラダイブ♪

あなた「大輝君ー!!」

琴葉「想太君ー!!!」

あなた「カッコイイ」


大輝「···ニコ」

あなた「え!」

琴葉「ねえ!大輝めん今さあなたの方見てたよね?!」

あなた「き、気のせいだよ!//」

琴葉「でもそしたら私も目合うよ?あわなかったもん!絶対見てたって!!」
あなた「そうなのかな、、、//」

イベント終了後の個握にて

スタッフ「次の方どうぞー」

あなた「はい!」

←サイマジョポーズしながら

大輝「!え!知ってるの?!」

あなた「あ、はい!私もアイドル大好きなんです!」

大輝「え!一緒じゃん!うぇーい!」
あなた「うぇーい!」

大輝「さっきあそこで見てたよね?」

あなた「え、あ!はい!」

大輝「また来てね!ニコ」

スタッフ「お時間でーす」


あなた「あ、またきます!」


大輝「····可愛い、、」

スタッフ「へ?大輝君?」

大輝「あの子今後何かで会う気がする


スタッフ「そりゃあファンならまたくるよ」

大輝「いや、そうじゃなく違う形で···」