無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

やっぱり。
それからまた1年が経ち私は身体を壊し、1度エステの仕事を辞め、音楽をしようか迷っていた。
でも、あの時言われた言葉が未だ私を苦しめてて中々1歩踏み出せずにいた。


琴葉「ねぇ、あなた一緒にYouTubeで曲上げない?」

あなた「え?YouTube?」

琴葉「そう!あなた普通に歌上手いしさ!YouTubeなら2人でも出来るし」
あなた「やりたい!」

琴葉「うん!やろう!」

あなた「やるからには本気でやりたいな」

琴葉「分かってる!じゃないと誘わないし」

それから2人で何曲かカバー曲をあげいつしか知り合いも増えストリートLIVEをする事になった。












ストリートLIVEはまたたく間にTwitterなどで広められ、自分達のファンもできるようになった。
1度は音楽を諦めた私も自信が少しずつ戻ってきた。
琴葉のお陰でもあるけど、実はこの時、私が本気で音楽業界に行こうと思った事件が起こったのです。