無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

ハプニング。
初めましてとDMが届いたという事は、大輝さんはどうやら私だということに気づいていないようだった。それでも嬉しかった。憧れで、大好きな人に背中押されたから。

頑張ろう。
アクターズスクールは東京のスクールと比べると小さな学校だし、競える相手もすくないが、それでも満足だった。

西島
西島
こんにちはー。お疲れ様です!
あなた

え!西島さん!お疲れ様です!

西島
西島
こんにちは!キミがあなたちゃん?
あなた

は、はい!

え?どうして私の事、、、

西島
西島
あれ?大輝からDM来なかった?
キミ大輝の紹介で入った子でしょ?特別枠の
あなた

特別枠····?

西島
西島
え、まって、知らないの?!
入った時聞かなかった?工藤大輝の抜擢でいずれ東京のスクールに引き込む候補生だって
あなた

確かに抜擢のお話は聞いてますが、それが大輝さんだって言うことも、東京のスクールの話も今初めて聞きました。

西島
西島
まじかー、やっば、聞かなかった事にして?
あなた

いや、流石に

先生「やっぱ西島さん言っちゃったかぁ(笑)まぁ、しゃあない!あなたちょっときて?西島さんも」