無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

偶然?いや、必然。
先生「ちゃんと話さなくてごめんね、実は大輝君からあなたが入る前に電話があってYouTubeの話しとかストリートLIVEの話しとか聞いてたの。それでアクターズスクールに慣れて貴方が本気で音楽の道にすすむのなら東京のアカデミーの方にいって貰いたいって直接大輝君から話がきたの。正直私達もびっくりでね(笑)」

西島「大輝、そんな人にいい意味で興味持たないし、こんなこと今までしてなかったんだよ。俺もびっくり(笑)」
先生「貴方ならきっと何かあるってできるて思ったみたい。それ程魅力があるって事よ!自信持ちなさい!」

あなた「はい!泣」

先生「でね、正直私も東京のアクターズの方に移ってもらいたいでもそれを判断するのは貴方自身よどうする?」

あなた「行きたいです!」

先生「ほんとに?!」

あなた「正直以前だったら考えてませんでしたが、今なら変わりたいって思う気持ちが強くて、行きたいです!
西島「良いんじゃない?本人やる気だし」

先生「そうね、で、ここからが本題なんだけど、明日から1ヶ月間東京に飛びたつ間にっしーとハプニングの曲を課題曲として、歌とダンスの特訓をしてもらいます!」
あなた「ハプニングですか?」

先生「そう、抜擢したのは大輝君だからね、どうせなら彼とリンクした曲がいいと思って、どう?」

あなた「頑張ります!」

西島「良し!明日からよろしくな!!頑張ろう!」

あなた「はい!!」