無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

ヒーロー?
ガラッ
西島
西島
あなた!!
お前ら!何してるんだ!!
あなた

西島さん···!泣

西島「あなた、何処に行ったんだ?」

ドンドン!

西島「?」

?「ーすけて」

あなた「助けて!大輝さん!」

西島「あなた!?」

西島「この棒で抑えてて出れなかったのか!···よし」

ドン!


西島
西島
お前らアクターズの生徒だろ?こんなことしてただで辞めれると思ったら大間違いだからな!!
男1「いくぞ!」

男2「え!?ちょっと!」
西島
西島
おい!····クソっ後で見つけたら許さない。
西島
西島
あなた大丈夫か?
ごめんな?怖ったよな、
あなた

う、西島さん····泣

西島
西島
ごめんな、俺で
あなた

え?

西島
西島
ううん、何でもない
西島
西島
おいで
あなた

うぅ、泣怖ったよ泣

西島
西島
大丈夫、もう俺がいるから、
な?
その後倉庫の近くであなたを襲った男2人とあなたに倉庫に行くように仕組んだ女がスタッフにバレてアクターズを辞めさせられたのとavex系のスクール出禁になった。

西島
西島
あの女、あなたと俺がずっと一緒にいて練習してたのを妬んでたんだって

ごめんな、俺のせいで
あなた

大丈夫です!胸触られて嫌でしたけど、その他は何もなかったし…。

西島
西島
無理しないで、まだ身体震えてる
西島
西島
今日はとりあえず帰ろ?····!
ぎゅっ
西島
西島
あなた?
あなた

やだ、、怖い、帰りたくない

西島
西島
わかった。俺の泊まってるホテル一緒に行こ?
あなた

はい···