無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

いよいよ!
あなたside
その日の夜西島さんは優しく抱きしめながら寝てくれた。







〇月20日

先生「はい!いよいよ明日が本番だけど、どう?」

あなた「緊張しまくってます」

先生「また?www大丈夫!緊張しても良いからあなたらしくね!」

あなた「はい!今日も頑張ります☺️」
西島
西島
じゃあ練習はじめますかー!
今日は練習というかおさらい+リハだね!
あなた

まさか、ファクトリーでイベントとは

西島
西島
ね!凄いじゃん!
懐かしいなぁー、俺らもイベントやったんだよなぁ
あなた

そのイベントって!PIUですか?

西島
西島
あ!そう!そう!
あなた

私、そのイベント行きました(笑)

西島
西島
まじで!?w
じゃあお互い思い出の場所だな
あなた

はい!

西島
西島
はじめるか!本番はあなた1人だけど、俺近くで見てるから、リラックスね☺️
あなた

はい😅

練習はその日一日中した。
西島さんは普段と違った真剣な眼差しで、何度も教えてくれた。