無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

頭の中が真っ白。
あなた

·····ぼー

西島
西島
おーい、あなたさーん(笑)
先生
完全に灰になってるね(笑)
西島
西島
いっぺんに色々説明したからかな(笑)
大輝
大輝
わ!
あなた

わ!!
びっくりしたー(笑)

大輝
大輝
ははっwwwwほんと面白いwww
先生
大輝君からかいすぎ(笑)
大輝
大輝
すいませーん(笑)
先生
あ、西島さんちょっといい?
西島
西島
あ!はーい、
大輝、ちょっと行ってくる
大輝
大輝
うぃっす、お疲れ様です
バタン
大輝
大輝
ごめんね、色々隠してて、
あなた

いえ、むしろありがとうございます!

大輝
大輝
え?
あなた

西島さんにも言われたんです。
私らしさがないって

大輝
大輝
でもさっきいつもと違う感じわかった?
あなた

····はい!何かのびのび歌えて、周りを見れるようになってて、お客様がニコニコしながら聴いてくれてて嬉しかったし、自然と楽しくなりました

大輝
大輝
でしょ?
それが無かったんだよ!ストリートもどこか上の空でさ、目を合わそうとしてくれなかったし、

気づいてくれて良かった
あなた

ありがとうございます泣

大輝
大輝
あー、だめだ、俺
あなた

へ?···!大輝、さん?//

ぎゅっ
あなた

え、ちょっと//

大輝
大輝
好き····。好きだわ。お前のこと