無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

544
2017/10/17

第41話

もう、大丈夫。
あなた

なんか、長くなってごめんね

雄大
雄大
う、う、う、泣
徹
雄大、泣くなって!泣
颯
徹君涙でてますよ泣
想太
想太
いや、、みんな泣いとるやん!
うぅっ泣
大輝
大輝
はい、想太鼻ちーんしようなー
想太
想太
自分でできます(笑)
あなた

ははっ!wwww
もう、涙引っ込んだじゃんwwww

西島
西島
スッキリした?
あなた

うん!ありがとう西島さん

西島
西島
俺も知らないエピソードあってびっくり。
大輝
大輝
俺は全部知ってましたけど、、
西島
西島
一つあったんじゃない?
大輝
大輝
····
西島
西島
あなたが襲われた日、大輝さん助けてって言ったの覚えてた?
あなた

忘れたといいますか、話してて無意識にでた言葉だと気づきました。

西島
西島
そう、あなたははじめから大輝が好きだったんだよ。
だから俺は好きだったけど、全てをしてって包みこんでくれそうな大輝に託した。
大輝
大輝
西島さん
あなた

今はこんなに、沢山自分の事を思って泣いてくれる人がいて。
大好きな人がいて幸せです。

大輝
大輝
あなた
あなた

もう、怖くないよ。
大輝がいいの。

大輝
大輝
ありがとう。
徹
点滴終わったぽいよ?
大輝
大輝
あ、ほんとだ
あなた

帰ろ!

大輝
大輝
今日から俺ん家帰ろうな
あなた

へ?!
うん//

大輝
大輝
今日はゆっくり寝ること
あなた

はい

徹
大輝が寝れないんじゃない?w
大輝
大輝
うるさい
徹
はぁーいw
颯
さ!帰りましょ!