無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1日の始まり
私は如月あなた。
高校2年生。
隆弘とは幼馴染。

お母さん
あなた、早く起きなさーい!
隆弘くん来てるよー。
(え、隆弘もう来たの?急がなきゃ…)
あなた

お母さん、いってきまーす!

                            
隆弘
あなた、おはよー。
お前遅くない?
髪の毛ぐしゃぐしゃだし。
(髪の毛、ぐしゃ)
あなた

もう、触んないでよー
もっとぐしゃぐしゃになるじゃん

(隆弘、なんなの。朝からドキドキするじゃん…)
隆弘
よし、学校行くか
あなた

うん!