無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

愛と隆弘
あ、あなたちゃんと結衣ちゃん!
結衣
愛と…隆弘
付き合ってるの?
そうだよ!
ねっ!隆弘!
隆弘
あ、あぁ
私は隆弘の顔が見なかった。
いや、見れなかった…
結衣
隆弘、しんちゃんとバスケするんじゃなかったの?
隆弘
それは…
真司郎くんが隆弘に行ってこいって言ったんだー
ほんと、真司郎くん優しいよねー
隆弘
ちょっと、トイレ行ってくるわ
わかったー
席座って待ってるね!
隆弘がトイレに行ったのを見て愛ちゃんが近づいてきた。
ねぇ、あなたちゃん。
隆弘、あなたちゃんのこと別に好きじゃないって言ってたよ。
浮かれないでね?隆弘があなたちゃんと毎朝学校行くのは幼馴染だからだよ?
てか、今日から愛のものだから一緒に学校行くのもダメだからねー
結衣
愛、そこまで言わなくても…
あなた

いいよ、結衣。
わかった。もう一緒に学校行かないし、必要以上に話さないから。

隆弘は私のだから。
絶対あなたちゃんになんか、あげないんだから。
結衣
あなた、もう行こ
あなた

うん…

愛ちゃんと隆弘、お似合いだな…
結衣
あなた、大丈夫…じゃないよね
あなた

うん…

あなた

でも、あの2人お似合いだったからいいかな…

結衣
諦めちゃうの?
あなた

うん

結衣が家まで送ってくれた。
結衣
じゃあ、また明日ね
あなた

また明日

その夜、2人のことが気になって眠ることができなかった…