プリ小説

第4話

なんだか上手く話せない…
[あなた]
『では,私がお部屋の案内をしますのでどうぞこちらへ』


[執事達]
『はい!!]


[あなた]
『(………や……やばい…。こんなイケメン執事5人が来るとは思わなかったよー笑笑。)』


[浦田直也]
『…お嬢様…案内などをさせてしまい大変申し訳ありません』


[あなた]
『………へ!?……あ!……全然いいんですよ!!分からないところなどあったらいつでも言ってくださいね』


[日高光啓]
『お優しいお言葉ありがとうございます。ですが,お嬢様や旦那様,奥様のお世話をさせていただくのが私共の勤めでございますのでお嬢様のお世話にならないよう精一杯勤めさせて頂く限りでございます』


[あなた]
『……そうよね!!(…やばい…私が欲しいって言って雇った執事なのに,私がお世話してどうすんのよ!可笑しいこと言っちゃったぁ(涙)……よし,とりあえず部屋案内をしっかりしよう。)』

『…えっと……では部屋案内を始めますね!』


[執事達]
『宜しくお願い致します』

















p.s

大変長らくお待たせ致しました(涙)
やっと復活できましたぁぁ(涙)
ログイン出来なくなってからも実はずっと頑張って後のお話を考えていたんです。笑笑(一応ログイン出来たときのために)ですが,結局ログイン出来ず最近までプリ小説を開くことを諦めていました。本当にすみません😢⤵️⤵️

ログイン出来たので,これから徹夜してまででもお話を毎日書いていきたい!と思っていたのですが,実は今年いっぱい(もしくはもう1年)かなり忙しくてですね…😳以前投稿していた時のように1日に5,6話投稿!!ということは難しくなりそうです。ですが,私にとってプリ小説を書かない日は地獄でしかないのでなるべく書かせていただきたいと思っております!笑笑

ほんの少し余談なのですが,つい先程ログイン出来たため自分が書いていた小説の内容をほぼ忘れていました(汗)なので自分の小説と今までくださったコメントを全て読み返してみました!そこで,気付いたこと!!!それは……『子供っぽい!!』笑笑なんだかすごく子供っぽく感じたんです。なので,これからは大人なお話も書きたいなぁと思っています!

なので,是非コメントで書いてほしいお話などを教えて頂きたいです!具体的なお話(俳優のAくんとの恋愛物語を書いてほしい!)だけでなく,雰囲気(少し大人な内容を書いてほしい!)を教えていただければ,書かせていただきます!

こんな長いp.sを最後まで見ていただきありがとうございました!笑笑

是非,次のお話もご覧ください!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くましゃん
くましゃん
最後の投稿以降,何かしらのバグでログインすることが出来ませんでした!本当にすみませんでした!私がログイン出来ないで,いる間にも私の小説を見続けて頂いた皆様!本当にありがとうございます! ♥️AAA♥️A3!♥️ リクエストしてくだされば 出来る限り何でも書きます!!! ぜひコメントよろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る