プリ小説
一覧へ

第1話

いいね
ある日の夜。



(((( あぁもう2時か、早く寝ないと、、

と思いながら私はTwitterを触ってた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(雅哉) @maaaasa1234


起きてる人いませんか〜

💬 ♲ ♡ ✉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(わたし)
(((( いいねしよ〜っと

ーーーーーーーーーーー
起きてる人いませか〜

💬 ♲ ♥️ ✉








ぽちっ☝︎
雅哉
雅哉
はなしましょ!
さつき
さつき
いいですよ〜!
はなしましょ!😌
雅哉
雅哉
いいねしてくれてありがとうございます!
さつき
さつき
いえいえ笑
めっちゃ暇だったんで…
と、普通の会話をしていた。笑




(((( どうせすぐ会話終わるんだろうな


とか思ってた。






だけど気づくと話し始めて約1週間がたっていて




今までずっと
雅哉
雅哉
さつきさんは?
ーーーーーーーーーーー
雅哉
雅哉
さつきさん!
ーーーーーーーーーーー
雅哉
雅哉
さつきさんも!
                                     って




ずっと「先輩」でもなく「ちゃん」でもなく



「さん」呼びだった。

朝いつものように起きると


ダイレクトメッセージに通知が



✉①













雅哉くんだ







この一週間で沢山話して、雅也くんの友達が載せてた
ラーメンの食べ方講座をしている雅哉くんの動画をたまたま見つけてその動画の話をしていた。




動画の中だけど初めて聞く雅哉くんの声。








する事も馬鹿で面白くて





そして




どこか愛おしかった。






さつき
さつき
次の動画はもっと面白い動画お願いね!笑
雅哉
雅哉
ちゃんとみてな!?
さつき
さつき
絶対みる!
さつき
さつき
やけん送ってな!笑
って毎日のように会話をしていたら
雅哉
雅哉
さつきも送ってな!?笑





って



いつの日か急に「さん」から呼び捨てになっていた。








寝起きだった私は布団の上にいた














その時嬉しさのあまり枕を抱きしめて


とにかく照れていた。笑












でも、もしかしたら
「さん」をつけ忘れたのかもしれない





と思い、ふれずにそのまんま話してた。















いつ話してもやっぱり
雅哉
雅哉
さつき!
のまんま。

















そんなある日



会話をしていたのは夏休み。





ちょうど花火大会の前日も会話をしていた。









会おうって約束したのに











こんな人混みの中あえるわはずも無く







帰った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

《  ◇ ⌒ N 階 堂 カ ボ
《 ◇ ⌒ N 階 堂 カ ボ
よろしくお願いします