無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,205
2017/12/13

第11話

🥀本 性🥀
あなた「/////」


藤「ははっwあなたちゃん顔真っ赤だよ?w」


あなた「そ、それは...///」


藤「でも、やっとわかった気がするよ。あなたちゃんがマネージャーの仕事を志した理由。やっぱりあなたちゃんがマネージャーで、よかったわ。」


あなた「えっ...//?」


藤「どっかで見かけたことある顔だなって思ったんだ。あなたちゃんのこと。ライブとか沢山来てくれてたよね?」


あなた「や...で、でもっ!わ、私は、ファン歴浅いし!、友達に進められて!、無理やり連れてかれて!、そ、そこで!藤ヶ谷さんに一目惚れして...はっ!!!////」


藤「ふふっ、やっぱりあなたちゃんって可愛い。」


あなた「////////」


あ〜、絶対に私今顔真っ赤だよね。やばいよね。
バレちゃったよ。最悪。マネージャー失格じゃん。
あ〜もう〜


藤「ねぇ、あなたちゃん」


ん、?頬に違和感...
ま、まさか、


あなた「な、なんですかっ///」


藤「好きです。こんな俺で良ければ、付き合ってくれませんか?」


あなた「...へっ!????/////」


え、今なんて言いました?藤ヶ谷様。
このクソみたいなおぶってぃーになんて言いました?


藤「だーかーらー、好きだよって?wも〜これで分かってくれる?」


チュッ...


あなた「.....」


藤「フフッ、やっぱりあなたちゃん最高。で、返事は?」


あなた「わ、私も、好きです...こ、こんな、私で、良ければっ...」


藤「ふふっ、ありがと。😊じゃあ、マネージャーさん?帰りましょ?ニヤッ」


あなた「は、はい.....」




ねぇ、神様、?私何かしました?
どうしてこんな幸せを私に与えてくれたんですか?
私もう死ねるよ?ねぇ、ちょっと。

私の人生、これからどうなるんでしょうか。