無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Story 2
シルク
あ!
リレー頑張ろうね!
シルク
俺、左手で持ってくから
あなた

あっ、はい!

あなた

分かりました!

あなた)シルクさんから話しかけてきた!
    頑張らなきゃなー
    転ばないようにだけはしないと!


シルクは、リレーの前にあなたにそーいって、並んだ
ペケたん
位置につてー
ペケたん
よーい、、、パーン!
リレーが始まった。

赤組は2位でシルクへバトンがわたる。

バトンをもらった瞬間シルクは1位の黄組を追い越し、1位であなたのもとへ走ってきた

あなた)シルク先輩、はやい!!
    やっぱり、すごいな!
    抜かれないようにしなきゃ!!
シルク
はい!
シルクにバトンをもらい一生懸命はしった。

結果は1位。

赤組みんなで喜んだ。

あなた)シルク先輩のおかけだなー
   
かこ
あなたー!
おつかれーー!!
超かっこよかった!
あなた

ありがとう!
シルク先輩が1位でもってきてからドキドキしたよー
でも、優勝できてよかった!

かこ
ほんとね!
さすがシルク先輩だね!
でも、もうこれで体育祭も終わりかぁー
かこ
あっ!
そーだ!
あなた、先輩と写真とかとらないの??
あなた

えっ、、、

あなた

とりたいけど、、、
でも、、、

かこ
シルク先輩は、来年はいないんだよ?
今のうちに撮っておかないと
あなた

そーだね!
かこのいうとおりだよね

あなた

撮ろっかな