無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

Story 14
モトキ
あなたね、2年のはじめってやつと、1年のマホトってやつに告られてんだよね
ンダホ
え!?
2人!?
マサイ
しかも、2人ともけっこうイケメンって有名だよな
マサイ
あなたモテモテじゃん笑
シルク
くっそ、、、
それでどーなったんだよ
ンダホ
(シルクが妬いてる笑)
マサイ
(シルクが妬いてるの初めてだ、ほんとに好きなんだな)
モトキ
マホトには休み時間に呼び出されて、はじめには放課後呼び出されて告白されたらしくて
モトキ
2人とも振ったらしいよ
シルク
そっか
マサイ
安心したのか?笑
シルク
あったりめーだろーが!
シルク
俺のあなた、取られてたまっかよ、、
ンダホ
あらあら
でも、あのイケメンを振ったんだねー
マサイ
ほんとだよな
モトキ
マホトにも、はじめにも「好きな人がいるので」って言ったらしいよ
モトキ
はじめに言われたときは、もうシルクに振られてんのにな
ンダホ
あなたちゃん、シルクのことが大好きなんだね
シルク
(あなた、、、)
マサイ
LINEもしないとか言ってるのは、無理して忘れるためなんじゃないかな
マサイ
あなたの大切なシルクには、受験があるから自分が邪魔しちゃだめだって思ってしたことだと思うよ
モトキ
俺もそーおもうよ
今頃1人になってから泣いてんじゃないかってかこもいってた
シルク
あなたさ、人前では平気なふりしてさ、強がってるだけなんだよな
ンダホ
なるほどねー
ンダホ
じゃー、はやくシルクの気持ち言わなきゃね!
シルク
直接の方がいいよな?
マサイ
それはね
シルク
明日、放課後言うわ
ンダホ
よっ!かっこいい!シルク!
シルク
うるせぇよ笑
シルク
だけんさ、モトキ
明日の放課後教室にいろって言っといてくれるか?
俺が来るってことは内緒で
モトキ
分かった
マサイ
ドキドキっすんねー笑
シルク
なんで、マサイがドキドキしてんだよ笑





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、いうことで!
次回はシルクがついに、、、!