無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

Story 17
あなた

がごぉーーーーーー!!

かこ
どした!?
あなた

///

かこ
なに笑
あなた

シルク先輩に好きって言われた

かこ
へー
かこ
って、は!?
あなた

( *´艸`)

かこ
えっ、どゆこと!?
あなた

カクカクシカジカ、、、

あなた

で!
シルク先輩の受験が終わるまで待ってって言われて、待ちます!って言ったわけ笑

かこ
やばー(ノ*>∀<)ノ♡ฺ*.゚・:*
あなた

かこ落ち着いて笑笑

かこ
これは落ち着けないでしょ!
あなた

でも、ほんとに嬉しかった

かこ
そーだよね
かこ
おめでとう
かこ
あっ!
で、マホトくんとのデートどーすんの??
あなた

あっ、そーだったー😅
そのこと忘れてたー

かこ
相変わらずあなたはバカだな笑笑
あなた

バカゆーなっ!笑笑

かこ
シルク先輩受験なんだからあなたのバカをうつすなよ笑
あなた

うつりませーん( ̄👅 ̄)ノ

かこ
だめだこりゃ┐(´д`)┌ヤレヤレ
それより!
かこ
マホトくんに断らんとー
あなた

うん、、、
そーなんだけどね、、、

かこ
なに、行くとか言わないよね?
あなた

行かないよ!

かこ
じゃあ、なに?
あなた

なんて断ればいいか分かんない

かこ
そんなの、ごめん
やっぱり行けないってそのまま言えばいいよ
あなた

うーん、、、
そーだよねー

かこ
どーせあなたのことだから、
マホトくんが傷つかないかなーなんて考えてたんでしょ
あなた

うん、、、

かこ
そんなこと考えなくていいの!
かこ
あなたはシルク先輩だけを見てればいいんだから
あなた

そーだよね!
ありがとう、かこ!

かこ
いいってことよ(๑¯﹀¯๑)
あなた)よし、今日の放課後断りに行こう
〜放課後〜
あなた】マホトの教室をのぞく


あなたあんまり人からいませんように!



マホトくんはイケメンだから皆から人気なんだ

だからマホトくんがうちに告白したってのも広まったら

多分けっこうやばそーなんだよね



マホト】1人で勉強している
    ほかに誰もいない


あなた)やった!
あなた

あ、あのー 
マホトくん

マホト
え!?
あなたじゃん!
マホト
どーしたの??
まさか、俺に会いに来てくれた?笑
あなた

え、や、えーっとー

あなた)言い出しにくい!
    でも言わなきゃ
あなた

今度の土曜のデ、ことなんだけど
いけなくなったの

あなた

それを伝えにきたの
ごめんね

あなた)デートって言いかけたぁー!
    あぶねー!
マホト
そっか、、、
残念だな、、、
あなた)そんなに落ち込まないでよ
    なんかすっごい申し訳なくなるじゃん
    そんな顔されると、、、
    あー、やめてやめて
    その反応苦手💦
あなた

ご、ごめんね

あなた

じゃ、じゃあね

あなた】自分の教室に帰ろうとする



マホト】あなたの腕を掴み自分の方に引き寄せる
    そして、抱く
あなた

えっ!?
ちょっ、マホトくん!?

あなた

やっ、、、

あなた】頑張って逃れられようともがく

    しかしマホトの力が強くて逃げられない
マホト
ごめん
痛かったよね

俺、今日は帰るわ、、
マホト】あなたを離し帰っていく






そのマホトの姿はどこか寂しそうで、悲しそうだった
あなた

マホトくん、、、

あなた

あー、ダメダメ!
余計なこと考えちゃ

あなた】自分の教室の方に歩く
あなた

あっ、、、

あなた

シルク先輩、、、

そこにはシルクがいた

いつから見ていたのかは知らないが、さっきのを見ていたらしい
シルク】何も言わず自分の教室の方に歩いていく
あなた】急いで追いかける





あなた

シルク先輩!























それでもシルクは振り返らない