無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

Story 18
あなた

シルク先輩!

反応しない
あなた】走ってシルクを追い掛けシルクの目の前に立って
あなた

シルク先輩!

シルク】あなたをみて
シルク
なに
あなた)やっぱり怒ってるよね、、、
あなた

あ、あの、、
その、、
さっきのは

シルク
いいよ別に
あなた

え、いいって、、、?

シルク
さっきの別にいいから
あなた

や、違うんです
あれは、、、

シルク
いいって言ってんだろ!
あなた】黙る
シルク
別に付き合ってるわけでもないし?
俺には関係ない
あなた)そーなんか、、、
    
あなた

そ~ですよね、、、

あなた

すいません、、、

シルク】無視してあなたの横を通り過ぎる
あなた

関係ない か、、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シルクside
あなたとマホトが抱き合っている
シルク
え、なにしてんの
マホトがあなたを離して帰る

あなたがこっちに歩いてくる
あなた

シルク先輩!

シルク】無視して歩く




なんでだよ

あなたは俺のことが好きなんじゃないのかよ

なんであいつと!?

なんなんだよ

もう、わけわかんねぇよ
あなた】シルクを追い掛けてくる
あなた

シルク先輩!

あなた】シルクの目の前に立つ
シルク
なに
あなた

あ、あの、、、
その、、
さっきは

シルク
いいよ別に
何がいいよだよ

やならヤダって言えばいいじゃねぇか

でも言えるわけない

俺はあなたと付き合ってもいない

あなたも俺のことを好きだと思ってたけど

マホトの方がいいのかよ

あいつはイケメンだからな、、、
あなた

え、いいって、、、?

それりゃ、そーなるよな
シルク
さっきのは別にいいから
あなた

や、違うんです
あれは、、、

シルク
いいって言ってんだろ!
あなた】黙る



あっ、、、

つい、、、

ごめんな、あなた

でも聞きたくないんだよ

あなたはマホトがいいんだろ?

だったらそれでいいじゃねぇかよ

お似合いだろーがよ

俺なんかよりいいんだろ?
シルク
別に付き合ってもないし?
俺には関係ない
あなた】悲しそうな顔をする
    そして苦笑いで
あなた

そ~ですよね、、、

あなた

すいません、、、

認めるのか

ほんとにあいつがいいんだな

なんでそんなに悲しそうな顔すんだよ

あいつと両思いで幸せだろーが 

あいつと仲良くしてればいいだろーがよ
シルク】黙ってあなたの横を通り過ぎる






誰もいなくなったところで
シルク
なんであいつなんだよ、、、