無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

Story 20
あなたは教室で1人で泣いていた
シルク
あなた、、、
あなた

シ、シルク先輩!?

シルク
あの、、、
さっきはごめん
あなた

あ、、、
あれはうちが悪いので

シルク
なんか訳があったんだろ?
シルク
聞くから話して?
あなた】黙る
シルク
大丈夫
俺はあなたを信じてるから
あなた

このあいだシルク先輩がうちに告白してくれた前にマホトくんがここにきてて

シルク)あ、あのとき
あなた

今週の土曜日にデートしようって言われてて

あなた

それを断りに行ってたんです、、、

シルク)そーだったのか、、、
シルク
じゃあ、なんで抱きあってたの?
あなた

それはね、、、

あなた】泣き出す
シルク】すみかを抱く
シルク
ごめん
無理して言わなくてもいいから
あなた】首を振る
あなた

ううん
ちゃんと言うよ
シルク先輩には誤解してほしくないもん

あなた

あのね、、、

シルク
うん
ゆっくりでいいよ
あなた

うち、断るのとか苦手だったから言うだけ言ったら急いで帰ろうと思って「じゃあね!」って言ったら

あなた

急に腕つかまれてハグされたの

あなた

それでね、頑張って抵抗したんだけどほどけなくて、、、

あなた

それでマホトくんが離してくれるまで動けなかったの、、

あなた

ごめんなさい

あなた】さらに泣き出す
シルク】あなたをさらにきつく抱く
シルク
そんなことがあったんだな
話聞かずにあんなこと言ってごめん
シルク
辛かったよな
シルク
守ってやれなくてごめんな
シルク】あなたの頭をなでなでする
シルク
ほら、もう泣かないで?
シルク
俺は泣いてるあなたよりが笑ってるあなたの方が好きだよ?
あなた】目をこする
シルク)あなたは素直だな
    
    もうあなたを泣かせたくない
    だから俺がちゃん守んないとな
シルク
あなた?
あなた

ん?

シルク
俺、ちゃんとあなたを守るから
シルク
もう泣かせたりしない
シルク
だから、俺だけを見てて?
あなた

うん、、

あなた】それでも目がうるんでいる
シルク
あなた
あなたがシルクを見た瞬間
シルク
chu
あなた

!?///

シルク
大丈夫だから
あなた

うん///

あなた】顔が赤い
シルク
あー、あなた照れてるー笑
あなた

て、て、照れてないもん!

シルク
あっそー笑笑
あなた

あ、あっそーってなに!笑笑

こういう感じで名仲直りしました笑笑