無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

Story 21
2週間後は期末テスト!

あなたは社会が全くできないからシルクに教えてもらうことに

放課後、シルクの教室で一緒に勉強することになった
あなた】シルクの教室を覗く


あなた)あー、3年生の教室緊張するなー
    シルク先輩どこにいるかなー?
シルク
おっ!
あなたきたきた
あなた

あっ、シルク先輩!
失礼しまーす

そこにはンダホ、マサイ、モトキも一緒いた
ンダホ
あれ?
あなたちゃんじゃーん
ンダホ
どーしたの?
モトキ
さてはシルクに会いにきたの?( *´艸`)
シルク
あなたバカだから勉強教えてやんの笑
あなた

バ、バカって!
バカじゃないもん!

シルク
ごめんごめん笑
マサイ
おいおい笑
俺らの前でイチャイチャしないでよ笑
あなた

イ、イチャイチャって、、、
してませんよー!

シルク
イチャイチャしたっていーだろーがよー
それに俺らのイチャイチャはこんなもんじゃないよな?笑
シルク
ね?あなた
あなた

【顔を真っ赤にして】
な、な、何言ってるんですか!?///

ンダホ
あー
あなたちゃん照れてるー!笑笑
ンダホ
かわいー笑笑
シルク
ンダホ!
ンダホ
ごめんごめん笑
モトキ
まぁ、俺ら邪魔者みたいだし?
今日は帰るかー
マサイ
だなー
ンダホ
そーだねー
あなた

あ、別にここに居られても大丈夫ですよ??

モトキ
【あなたの耳元で】
やー、俺達がシルクに怒られるから笑笑
あなた

え?

モトキ
じゃ!
そーゆーことだから、じゃーねー!
マサイ
シルク!
ちゃんとお勉強しなさいよ?
3人
お、勉、強、をね!!笑笑
シルク
わかってるわ!笑笑
3人
ばいばーい
【ンダホ、マサイ、モトキ】帰っていった
あなた)急にふたりとか緊張する!!
シルク
そんなとこに座んないでさ、俺の隣に座って?
あなた】シルクの隣に座る
シルク
やっとふたりになれたな
あなた

え!?

シルク
なんだよ、その反応はよ笑笑
あなた

え、や、あ、急にそんなことゆうから

シルク
全然急じゃねーだろ笑
シルク
てか俺ははやくあなたとふたりきりになりたかったんだけどな笑
あなた

べ、勉強しよ!

シルク
はいはい笑
ーーーーーーーーーーーーーーーー話が飛びますーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた

あー、やっと終わったー

あなた

疲れたー

シルク
お前理解力なさすぎ笑笑
あなた

だって、社会ほんとに苦手なんだもん

あなた

それにシルク先輩スピードはやすぎー

シルク
お前が遅いんだろ
シルク
てか、教えてもらって文句しか言えねーの?
あなた

あっ、ありがとうございました!

シルク
じゃなくて??
あなた

え?
なんですか?

シルク】キス顔をする
あなた

え!?
な、なんですか!?

シルク
chuしてー
あなた

く、暗くなるんで帰りますね!!

シルク】あなたの腕をつかむ
シルク
してくんないの?
シルク
chu
あなた

///

シルク
あなたからしてくれなかったから、今度俺のお願い聞いてね?
あなた

どんなお願い?

シルク
それは内緒!
あなた

えー

シルク
じゃ!
帰ろ!
あなた

え?
一緒に帰るんですか?

シルク
そーだけど?
シルク
もー暗いし、あなた1人で帰すわけにはいかないじゃん
あなた

ありがと!

シルク
おう
じゃ、帰るぞ
あなた

はーい!