無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

Story 33
今日はペケたんとお買い物


っていっても、ペケたんの女友達の誕生日プレゼントを一緒に選んであげるだけなんだけどね


でも、男子と2人ってことには変わりないから、あんまりいろんな人にバレないようにしなきゃならない


だって、シルクとシルク以外の男の人と出かけないって約束したから


相手がシルクと仲がいいペケたんでも、シルクのことだから2人で買い物行ったってバレたら怒るだろうし


だから、今日は秘密のお買い物なんだ
ペケたん
あ!あなた先輩!
こっちこっちー!
あなた

ペケたん!
遅くなってごめんね!

ペケたん
ううん!俺も今来たとこ!
ペケたん
てか、あなた先輩可愛いね!
あなた

なにいってんの///

ペケたん
あなた先輩照れてるぅー
可愛いー
あなた

や、やめてよ笑

あなた

そ、それよりいこ!

ペケたん
はーい!
〜買い物終わり〜
(だいぶ話が飛んですいません🙇💦)
ペケたん
今日はありがとうございました!
あなた

うん
いいのが買えてよかったねー

ペケたん
はい
ペケたん
あの、、
俺、、、
あなた

ん?

ペケたん
あなた先輩のこと好きかもしんないです
あなた

ペケたん
あなた先輩にはシルクさんがいることは分かってます
でも、好きです
ペケたん
それじゃあ、
また
そう言ってペケたんは帰っていった