無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

Story 35
シルク
はい到着ー
ここが俺の住んでるアパート
あなた

へー
けっこうきれいだねー

シルク
だろ
あなた

おじゃましまーす

シルク
どーぞ笑
あなた

お、ちゃんと掃除してんじゃん笑笑

シルク
当たり前だろ笑
シルク
そこら辺に荷物置いといて適当に座っていいから
あなた

はーい

シルク
ついてすぐで休憩したいかもしれんけどさ、どっか行きたいとことかない?
あなた

んー

あなた

広島のことまったく分かんないからシルク決めて?

シルク
じゃあ、、、
シルク
とりあえず今日は近場のショッピングモールにいこっか
あなた

りょー

〜ショッピングモール到着〜
あなた

で、でっかい、、、

シルク
圧倒されずぎ笑
あなた

え!すごーい!

あなた

あ!これかわいい!!

あなた

あ!あれもいいな!

シルク
ちょっと落ち着けって笑笑
お前はしゃぎすぎ笑笑
(可愛い///)
あなた

だって!すごいんだもん!

シルク
迷子になったらどーすんの
あなた

ならないから大丈夫!

シルク
や、あなたはぜってぇ迷子になるから
シルク
【手を繋ぐ】
こうしとけば大丈夫
あなた

あっ///

シルク
なににやけてんだよ笑
あなた

だってー///

〜家に戻ってきた〜
⚠話だいぶんとびます
シルク
あなたー
風呂わいたぞー
シルク
一緒にはいるー?
あなた

えっ///

シルク
や、冗談だよ笑
(ほんとは一緒に入りたいけど)
シルク
さき入ってこいよ
あなた

え、や、、、
(一緒に入りたいな)

シルク
なんだよ
あなた

一緒に、、、

シルク
一緒に、、、?
あなた

入り、、、たい

シルク
えっ///
シルク
おう
(まぢか///)
あとはご想像におまかせします