無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

Story 39
シルクside
シルク
なんであなたあんな感じなんだよ
ペケたん
…俺が…
シルク
なんだよ
はっきり言えよ
ペケたん
好きって言ったから
シルク
は?なにいってんだよ
は…?


なに言ってるんだよ


好きって言った?
ペケたん
俺、あなた先輩に出会ったとき一目惚れしたんだ
でも、あなた先輩には彼氏がいて、それがシルクだった
だから諦めようとしたんだ
ペケたん
でも…
ペケたん
諦められなくて、デートに誘ったんだ
シルク
てめぇ、自分が何言ってるかわかってんのか!?
ペケが…あなたのこと…好き…?
ペケたん
ああ
あなた先輩は断った
「シルクに怒られるから」って
ペケたん
だから友達の誕プレ選ぶの手伝ってって嘘をついてデートにいった
ペケたん
それで帰りにシルクと付き合ってるのは分かってるけどあなた先輩のことが好きだって言ったんだ
シルク
ってめぇ!!!
人の女になに言ってんだよ!
シルク
【ペケの胸ぐらを掴みかかる】
あなた

ただいまー

あなた

【ペケの胸ぐらを掴んでいるシルクを見る】

あなた

え…