無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第48話

Story 42
あなた

あれ…
私どうして…


気がついたときにはシルクの家にいた
ペケたん
あなた先輩!
大丈夫!?
あなた

ペケたん…

そうか…



私倒れたんだった…
あなた

あっ、シルクは!?

ペケたんは首を振る
ペケたん
まだ帰ってきてないし、連絡もない
あなた

そっか…

もうシルクが出ていってから2時間もたつのに…



こうしてる暇もない!



探しに行かなくちゃ!
あなた

シルク探しに行ってくる!

そう言って立ち上がろうとしたとき



またフラッとして体がぐらついた
ペケたん
あなた先輩!
まだじっとしてないとだめだよ!
そんなことできるはずがないよ…
あなた

でも、探さないと!

ペケたん
今はちゃんと休まないとあなた先輩ほんとに倒れちゃうから
あなた

でも…

でも、探さないとシルクが…
ペケたん
大丈夫
俺が見つけてくる
あなた

え?

ペケたん
俺が見つけてくるからあなた先輩はここで待ってて
ペケたん
大丈夫
きっと見つけてくるから
そう言ってペケたんはシルクを探しに行った



どこか心当たりがある場所でもあるんだろうか