無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いつもの3人 
わたしはあなた。
毎日涼介と大貴と私で学校に行っている。
クラスも一緒で、いつも3人でいる。
あなた

おはよー

涼介
あなたおはよー
大貴
あなたおはよー!
あなた

(今日も2人ともかっこいいな)

涼介
学校行こうぜ!
大貴
行こ〜〜!
今日体育あるんだったよな!何すんだろ〜
(走る
あなた

待ってよ〜
(走る)

涼介
大貴はいつでも元気だな〜!
よしっ!競争だ〜!
(走る)
涼介
1番〜!
大貴
2番〜!
あなた

3番。
もう2人とも速いんですけど〜!

キーンコーンカーンコーン
あなた

あ!ヤバい!早く行かないと。
遅れるよ!

涼介
ヤバいな!走るぞ!
(走る)
大貴
おう!(走る)
あなた

もう疲れた〜(走る)

3人
ハァハァ間に合った〜!
皆おはよー!
ークラスの皆ー
おはよー!ギリギリセーフだよ〜!
相変わらず美男美女の3人だな!
あなた

ありがとう!
大貴はかっこいいとおもわないけどねー!
(席につく)

涼介
俺も大貴はかっこいいと思わない!
(席につく)
大貴
おい!俺が1番かっこいいだろ!
(席につく)
授業を受けている。