無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2人に告白をされて。
私達3人はご飯を食べ終わり、ゴロゴロしていた。
すると涼介と大貴が……
涼介
あなた!
ちょっと2人で話さない?
大貴
あなた!2人で話さない?
あなた

えっ………と。
じゃあ先に涼介からでいいかな?

大貴
いいよ!
涼介
じゃああなたの部屋で話そう?
あなた

うん!いいよ!

自分の部屋に行く。
あなた

どうぞ!
入っていいよ〜。
何か適当に座って。

涼介
おう!
あなた

で、話って?

涼介
その…俺あなたの事が好きなんだよね。
あなた

え?
嘘でしょ?

涼介
本当だよ!
それで、本気で考えてほしいなと思って!
ただそれだけ!
じゃあ大貴呼んでくるわ!
あなた

あ、うん。

あなたの心の声
え?本当なのかな?
でも…本気で考えてほしいって、言われたし。
涼介
大貴いいぞ!
大貴
分かった!涼介あなたに告白したのか?
俺は絶対に負けないから。
涼介
言ったよ。
俺も大貴に負けないから。
大貴
入るよ!
あなた

うん。

大貴
話っていうのは。
俺あなたの事が好き。
涼介にも言われたかもしれないけど、涼介には負けたくないから。
本気で考えてほしい!
あなた

うん……

大貴
じゃあ話は終わりだから!
俺先に行っておくぞ!
あなた

うん……














つづく