無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

取り合いに……
私は部屋でボッーとしていた。
2人に告白をされ、信じきれてなかった。
なぜなら過去にあんな事があったから……

その頃の2人は……
涼介
お前分かってんだろうな。
過去にあなたが苦しんだ事。
大貴
分かってるよ。
涼介こそあなたを幸せにできるのかよ。
涼介
お前に言われたくねーよ。
俺はお前よりずっとあなたが好きでずっと見てきたんだよ。
大貴
俺だってそうだし。
涼介なんかに負けたくねーよ。
あなたは立ち上がって部屋を出た。
あなた

あのさっきの事なんだけど…

2人
うん。
あなた

返事また今度でいいかな?
あと今日は帰ってくれない?

涼介
分かった。
帰るね。おじゃましました。
大貴
分かった。
おじゃましました。
2人が帰ってあなたは朝までボッーとしていた。








































つづく