無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

つらい…
あれから私は涼介と大貴から避けている。
一緒に登校、下校しなかったり…
正直言って辛かった。
涼介
おーい!
あなた〜!
あなた

(トイレに入る)

大貴
ねぇなんかさ最近あなた俺達の事避けてない?
涼介
うん…
どうしたんだろう。
3人の女子
ねぇ〜!
涼介くん、大貴くん向こうで一緒にご飯食べない?
涼介
別にいいけど…大貴は?
大貴
俺もいいよ〜!
3人の女子
やったー!
じゃあ行こ!
あなた

ハァ良かった。
(廊下をあるいてる)

廊下を歩いてると腕を掴まれて教室にいれられた。
すると涼介と大貴だった。
涼介
ねぇ何で最近避けるの?
あなた

そんなのどうでもいいじゃん!

大貴
どうでも良くねーよ。
あなた

ていうか、あの女の子達の所に行ったら?

涼介
嫌だ俺は行かない。
まだ話は終わってないからな……
大貴
もしかしてあの3人の女子に何か言われてる?
あなた

言われてないから!
私もう行くから!









つづく