無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

最終話1
そして、女子3人は涼介と大貴に怒られその後何もしなくなった。

今は3人で仲良くしている。
最近は涼介とデートをした。付き合ってはないんだけど、涼介といると何かドキドキするようになった。
ー大貴とLINEー
大貴
ヤッホー!
そろそろ俺の事考えてくれた?
あなた

ごめん。
それが私涼介の事が好きみたい。

大貴
え!?何かあっさり振られた……
あなた

ごめんね!
でも涼介といると何か変にドキドキしちゃって、、

大貴
そっか…やっぱり涼介にはかなわないや!
あなたの事応援するよ!
あなた

本当にごめんね!ありがとう!

大貴
大丈夫!あなたも頑張れ!
あなた

うん!

大貴
じゃあまた明日ね!
あなた

バイバイ!

ー涼介とLINEー
あなた

こんばんは!

涼介
おう!
どうした?
あなた

いや!どうも無いんだけど、何か話したくなって。

涼介
今あなたって好きな人いる?
あなた

いるよ///

涼介
大ちゃん?
あなた

違うよ。

あなた

私は涼介が好き。

涼介
ほんとに?
あなた

ほんとに。

涼介
俺もあなたの事が好き!だから付き合ってほしい!
あなた

よろしくお願いします!

そして私達は付き合うようになった。
つづく