無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

樹里の容体
樹里
・・・っ
柊也
樹里!
琉也
除細動器準備!


100でチャージ!
清水看護師
はい!
琉也
離れて!
"どんっ"
柊也
樹里!
代わりに、胸骨圧迫を柊也がやった。
琉也
120でチャージ!
ナース
はい!
琉也
離れて!
"どんっ"
柊也
樹里!樹里!
再度柊也がやってみる。
琉也
っ・・・!


も一回だ!

今度は、200チャージ!
ナース
はい!
琉也
離れて!
"どんっ!"
柊也
樹里っ!!
胸骨圧迫をする。
琉也
変わるよ!
琉也がやってみる。
"ピピピッ・・・ピロ・・・ピロロロリン"
清水看護師
心拍再開です!
柊也
樹里・・・!
琉也
おかえり・・・樹里・・・。。
心臓がゆっくりだが、動いているのが分かる。
琉也
ありがとう。柊也君。
柊也
いや。前におじさんに習っててよかった。

さっきまで何も出来なかったし・・・。

樹里のこと助けられてよかったぜ。
そういって樹里の方をみた。
樹里
にこ)
樹里の表情が一瞬穏やかになった。


それは


「ありがとう」




いっているみたいだった。












Can't you see,you're my dream 失いたくないよ 大切な君と過ごすこの時間