無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

樹里の病室
30分ぐらいいたと思う。
ナース
あと、30分で面会終了です!
柊也
分かりました!
樹里
19時半か。
面会は20時まで。
でも柊也は特別。


看護師さんも分かってる。30分ぐらいこしても、目をつぶってくれている。
すると、ドアが開いた
陵也
迎えに来たぞ!
柊也
あ!父さん!
樹里
 おじさん!
陵也
樹里ちゃん。元気そうだね。
樹里
うん!
陵也
それと、県大会もうすぐだったな?
樹里
うん!今回は、全国行けるか心配💦
練習不足だし。

私がこうしている間にも、他のみんなは練習してるはず。
柊也
でも樹里なら大丈夫。


絶対大丈夫だ。
そう言って、頭を撫でた。
樹里
うんぅ。
そして、柊也たちは、帰っていった。












強がってても君の瞳をみれば